ゆうつく -勇気がつくブログ

勇気が湧いてくるコンテンツ情報


f:id:forest-book1213:20180506115301p:plain

人生の目的を考える - やりがいを持てない人のために

f:id:forest-book1213:20180303183433j:plain

 

人生の目的を考えるには、そもそも自分はどのような人間なのかを知らなくてはいけません。

ここでは、過去の体験や今の考え方から、どのような価値観を持っているのかを知っていきます。

 

 

大切なものを洗い出す

人によって大切に感じることは異なるものです。

あなた自身が、大切だと感じることはどんなことがあるかを考えてみなければなりません。

 

これは、今大切に感じているものを改めて気づくメリットもあります。

毎日、仕事に追われて自分にとって大切なものを考える余裕なんかないかもしれません。

そんな人ほど、ちょっとブレイクタイム。一歩立ち止まって、リラックスした状態で考えてみるといいでしょう。

オススメは、夜寝るときに布団の中で、一人静かに考えてみることです。

きっと落ち着いて考えることができると思います。

 

よくある大切なものとして、例を上げておきました。

この他にもあると思いますが、これを参考に考えてみてください。

 

◯大切に感じていること

1~5段階評価で選択。1:あまり思わない、5:とても大切

  • 仕事で周りに認められること
  • 仕事で大きな実績を残すこと
  • 資格などのスキル
  • 異性にモテること
  • 友人関係
  • 家族と過ごす時間
  • 子供、妻、夫への愛
  • 健康
  • 趣味

 

避けたいものを洗い出す

人はポジティブな動機だけでなく、何かを避けたいというネガティブな動機でも行動するものです。

最近、体重が増えたから運動しよう、試験に落ちるのが嫌だから勉強しよう、など様々な動機で行動します。

自分の価値観を知る上でも何を嫌いだと感じるのかしっかりと認識できるようにしましょう。

嫌いなことを考えるには、気分転換のできる環境で考えると良いです。

イヤなことを考えると、気が滅入るもの。

仕事終わりに喫茶店で考えるのがいいかもしれません。作業が終わったあと、家に変えるだけで気分のスイッチが切り替わるのでオススメです。

また、自分一人で考えるのではなく、コーチと一緒に考えることもいいかもしれません。

 

◯避けたいもの

1~5段階評価で選択。1:あまり思わない、5:とても苦手

  • 他人からの批判
  • 仕事の失敗
  • 過剰な期待
  • 責任やプレッシャー
  • 時間的不自由さ
  • 支配、命令されること
  • 嫌いな人と一緒にいること
  • 変化のない毎日
  • 不健康

 

過去の体験を振り返る

自分の価値観を知る上で、過去を振り返ることはとても大切です。

それは、これまで自分の価値感を持ってこれまでの人生を行きてきたためです。

 

  • あなたはどんな人生を行きてきたでしょう?
  • 学校生活での人間関係はどんなものか?
  • 受験で希望の大学に進学できたか?
  • 友人や恋人は、どんな人と関わってきたか?
  • なぜ今の仕事(または大学)をしようと思ったか?

 

 

また、幸せを感じたり、不幸な経験をしたこともあるでしょう。

それは、どんなときに感じてきましたか?

自分に合う環境はどんなものなのか、どうしたら幸せになれるのか、過去の体験を振り返ることで発見することができるのです。

 

しかし、これまで幸せ、または不幸を経験したことがない、努力した経験がないという方もいます。

価値観は人それぞれですが、そういう人はまだ本気で人生を生きているとは言えないのかもしれません。

一度きりの人生を死んだように生きていたいという人はいないでしょう。

そんな人も落ち込むことはありません。

何かを始めるのに、遅すぎるということはないのです!

今、この瞬間から本気で生きることを決めれば、今後の人生は大きく変わるでしょう。

 

将来を想い描く

あなたは将来どのような人生を生きているでしょうか?

今後、こんな風になりたい、これを実現したい、強い想いを持っている人もいるかもしれません。

この想いは、自分の価値観が土台になっています。

もし、「自分の将来なんて考えたことないよ」という人がいても問題ありません。

今、考えてみればいいのです。

何が欲しいかを考えてみれば、今の自分の価値観を知ることもできるでしょう。

 

どんな小さな変化でも、逆に大きな変化でも、それを咎(とが)める人なんていません。

ただし、他人の権利を侵害せず、社会正義に反さないものに限りますが。(悪い事件を起こして有名になりたいなどは、間違った価値感です)

 

では、さっそく以下の質問に答えてみてください。

  • あなたが亡くなった後、周りからどんな人だったと言われたいですか?
  • 30年後、何を達成していたいですか?
  • 10年後どんな人になっていますか?
  • 5年後、あなたは何をしていますか?
  • 1年後に得ていたいものはなんですか?
  • 今から将来のために、何ができると思いますか?

 

これらの質問に明確に答えることができる人は、自分の価値感が明確になっている人です。

しかし、明確になっていなくても問題ありません。

漠然とした内容でも、自分の心と向き合って出した答えなら、それはあなたの価値感から出てきた想いなのです。

どのような将来を思い描くかで、今の価値感が見えてきます。

お金が欲しい、有名になりたい、権力が欲しい、色々な願望が出て来るかと思いますが、それは自分が大切にしているものとリンクしているはずです。

 

改めて、自分の大切なものを見比べてみましょう!

別の視点から考えてみたことで、自分の価値感がより明確になったはずです。

株式会社ゆうつく 苫米地英人集大成メソッド『オールライフコーチングプログラム
登録するだけで24時間ごとに無料Bitcoin配布-クリック