ゆうつく -勇気がつくブログ

勇気が湧いてくるコンテンツ情報


【思考法】ロジカルシンキングのやり方とは

f:id:forest-book1213:20170903102104j:plain

 

 

こんにちは。ForestBookです。

 

ビジネスは、マインドだけでは成功することができません。

 

物事を的確に判断し、本質的課題を解決する能力がないとだめです。

 

それを可能にするのが、ロジカルシンキングです。

 

日本語では、「論理的思考」と言います。

 

日本では、下記の本がベストセラーになり、ロジカルシンキングという言葉が普及しました。

 

ロジカルシンキング参考図書 

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

 

 

 

今回は、この本に書かれている内容をご紹介します。

 

 

 

課題を明確にする

f:id:forest-book1213:20170903102239g:plain

何か仕事を頼まれてやったら、相手が期待していたものと違うと言われたことってないですか?

 

相手の期待していたことを確認しなかった基本的なミスです。

 

ロジカルシンキングでは、まず課題を明確にすることから始めます。

 

何について考えればいいのか、相手が期待していることは何なのか明確にしなくてはなりません。

 

アインシュタインによれば、「正しい質問を考えることが問題解決の半分を占める」といっています。

 

そのくらい、課題を明確にすることは大切なのです。

 

ところが、課題を曖昧なまま進める人があまりに多くいます。

 

客観的に見て、誰もが共通認識を持てるような課題を設定しなくてはいけません。

 

自分の独りよがりにならない課題を設定できるよう、気をつけてください。

 

 

MECEを考える

f:id:forest-book1213:20170903102333g:plain

MECEとは、漏れ無く重複なくズレなく説明するための技術です。

 

ズレとは、議論のレベルを合わせることを意味します。

 

例えば、日本人の出生率について話しをしているのに、突然世界の出生率を出して議論すると結論が間違った方向に進んでしまいますよね。

 

これをズレと言います。

 

漏れ重複は、人間の性別を分類するとしたら男性と女性に分けて考えるということです。

 

漏れも重複もないですよね。

 

厳密には遺伝子疾患などでどちらとも言える人も言えますが、共通認識として性別は男性と女性の2つです。

 

MECEになっているかどうかは、受けてが疑問を感じないかどうかが大切になります。

 

普段から意識していないと、漏れ、重複、ズレが頻繁に発生し、相手に理解しづらい説明となってしまうので、気をつけましょう。

 

 

ロジックツリーを構成する

f:id:forest-book1213:20170903102352p:plain

ロジカルシンキングの真骨頂は、ロジックツリーを使って考えることです。

 

ロジックツリーには、WhatツリーWhyツリーHowツリーの3つがあります。

 

世の中のお弁当の種類には何があるかという質問には、Whatツリーを使って何があるか説明できます。

 

主張を説得させたいときは、Whyツリーを使って相手を納得させます。

 

解決策を導きたいときには、Howツリーを使って手法を考えます。

 

たとえば、「旅行先は岡山県がお勧めだ」と説得したいとします。

主張を説得させたいので、Whyツリーを使って考えます

 

まず、課題を明確にすることから始めます。

 

課題は、岡山県が旅行先として優れているということを納得させることです。

 

次に、何故お勧めするのか理由をMECEに列挙します。

 

感覚で分類するとして、味覚、嗅覚、触覚、聴覚、視覚を満たす要素を考えてみたいと思います。

 

①味覚、嗅覚・・・マスカットや桃が有名でとても美味しい。

②視覚、聴覚・・・後楽園があり、景観が綺麗で鳥のさえずりも美しい。

③触覚・・・日本で唯一ジャージー牛の乳搾りを体験できる。

 

そして、それぞれに対して理由や根拠を列挙していきます。

マスカットや桃が何故美味しいと言えるのか、たとえば糖度がいくらなので美味しいと言えるなど、理由を3つほどあげていくと説得力が増します。

 

これを繰り返してツリー状にして考えていくことで、物事を整理でき相手を説得できる説明になるのです。

 

 

まとめ

今回は、ロジカルシンキングのやり方についてまとめました。

 

ロジカルシンキングは、筋肉のようなものです。

 

筋トレのやり方を知っていても、力が付かないように、ロジカルシンキングも実際に訓練しないと身につきません。

 

僕は、A4用紙にロジックツリーを使って考えることを何千回と繰り返してきました。

 

それでも、まだまだだと感じています。

 

知っているのとできるのとは違います。

 

ぜひ、知っているだけでなく、実際に訓練して出来るようになって欲しいと思います。

 

コーチング無料体験セッションをします ありのままの自分で成功するために

 

◯お勧め記事はこちら

forest-book1213.hatenablog.com

forest-book1213.hatenablog.com

forest-book1213.hatenablog.com

  

forest-book1213.hatenablog.com

 

苫米地英人集大成メソッド『オールライフコーチングプログラム
登録するだけで24時間ごとに無料Bitcoin配布-クリック