ゆうつく -勇気がつくブログ

勇気が湧いてくるコンテンツ情報


【成功法則】不屈の精神を持つこと

f:id:forest-book1213:20170828004921j:plain

 

 

こんにちは。ForestBookです。

 

成功法則シリーズの「不屈の精神」についてご紹介したいと思います。

 

◯成功法則の記事はこちら  

forest-book1213.hatenablog.com forest-book1213.hatenablog.com

forest-book1213.hatenablog.com

 

 

不屈の精神とは、つまり”諦めない心”のことを言います。

 

僕の理念は、”勇気づけ”ですが、実は成功には勇気よりも不屈の精神が重要なのです。

 

とは言っても、最初の打一歩を踏み出す勇気がなければ何も始まりませんが。

 

では、不屈の精神についてご紹介していきたいと思います。

 

 

なぜ、不屈の精神が大切なのか

f:id:forest-book1213:20170828003741j:plain

 

 

もしあなたが会社員で、もっと収入を増やしたいと思ったら何をするでしょうか。

 

お金を稼ぐ方法はたくさんあります。

 

何を選んでも(他人の尊厳を傷つけることなく、違法でなければ)いいのですが、成功するまでにはたくさんの困難に出会うことでしょう。

 

しかし、絶対に収入を上げるという信念を持っていたとしたらどう思いますか?

 

どんな困難があろうと、あらゆる解決策を実施して、次々と乗り越えて行くのではないでしょうか。

 

例え失敗したとしても、それは上手く行かない方法を見つけただけに過ぎません。

 

死なない限り、成功するまでチャレンジし続ければいいのです。

 

あらゆる困難に打ち勝ったあなたは、必ず目的の収入を得ることができるでしょう。

 

諦めないという信念に勝ることなど無いのです。

 

 

 

諦めない強さを身につけるには

 

f:id:forest-book1213:20170828003716p:plain

 

では、諦めない強さを身につけるにはどうしたらいいでしょうか?

 

実は、信念とは筋肉のようなものなのです。

 

鍛えれば強くなるし、何もしなければ弱まってしまうのです。

 

諦めないという信念を強くするためには、難しいことにチャレンジして、困難に打ち勝つという経験を何度も積むしかないのです。

 

それができないから困っているんだ」と言うかもしれませんが、本当にそうでしょうか。

 

日々生活していく中で、人はたくさんの選択をしています。

 

その中で、”これをやってみよう”と思ったことを継続した経験はないでしょうか。

 

例えば、「朝布団から出るのが辛いけど、会社に遅刻しないために頑張って起きよう」と考えて行動できている人は多いのではないでしょうか。

 

これによって、時間通りに出社するという信念が鍛えられているのです。

 

こういった小さな積み重ねが、やがて大きな信念に変わっていくのです。

 

もし、今の自分に”諦めない信念”が不足していると感じているなら、上記のやり遂げる習慣を増やせばいいのです。

 

それは、毎朝果物を食べようとか、通勤時間に新聞を読むようにしようとか、これまでに無かった習慣を取り入れて実践していくのです。

 

小さな努力なら、誰でも始めやすいと思います。

 

どんなことでもいいので、新しい習慣を取り入れて継続してみてください。

 

諦めない信念が、メキメキと鍛えられますよ。

 

まとめ

f:id:forest-book1213:20170828003404j:plain

 

今回は、不屈の精神を持つことについてご紹介しました。

 

これは、成功するための必須条件でもあるのです。

 

何か行動を起こせば、絶対に問題にぶつかります。

 

そこで諦めてしまう人は成功せず、やり続ける人が成功するのです。

 

最後に、実際にあったこんな話しをご紹介します。*1 

 

 

1900年代、アメリカでは金の鉱山を掘り当てて一攫千金を狙うことがブームになったことがありました。

とある田舎の青年は、自分も一攫千金を当ててやろうと人生をかけて挑むことにしました。

そして、長年積み立ててきた貯金を全て使い、銀行から融資をもらい、自分が調査した中で最も有力な鉱山を買いました。

青年は、来る日も来る日も鉱山を掘り進めて行きましたが、出てくるのはくず鉄ばかり。

お金も尽き、体力の限界もきた青年は、ついに鉱山を二束三文で手放してしまいました。

その鉱山を買ったビジネスマンは、その鉱山に何が埋まっているのか確かめるために、調査会社に依頼をして、その鉱山を調べてもらいました。

すると、青年が掘り進めた鉱山のわずか10メートル先に、莫大の金の鉱脈が眠っていたのです!

ビジネスマンは、降って湧いて幸運に大喜びし、アメリカでもトップクラスの金持ちになったのです。

もし、青年があと1日掘り進めていたら、もし、手放す前に調査をしていたら、結果は違うものになったはずでした。

 

*1:参考図書「ナポレオン・ヒル著 思考は現実化する」

苫米地英人集大成メソッド『オールライフコーチングプログラム
登録するだけで24時間ごとに無料Bitcoin配布-クリック