ゆうつく -勇気がつくブログ

勇気が湧いてくるコンテンツ情報


【諦めなくていい】やる気を継続するための3つの方法

やる気を継続する方法

 

こんにちは。ForestBookです。

 

ダイエットにしろ、英語の勉強にしろ三日坊主になってしまったことはないでしょうか?

せっかく、覚悟を決めて計画を立てても、やる気が継続せず途中で諦めてしまう。

ほとんどの人にとって、経験のあることかと思います。

 

しかし、やる気を継続するための仕組みがあることはご存知でしょうか?

今回は、やる気を継続するための3つの方法をご紹介します。

 

  • 自分を知る
  • 目標を明確にする
  • 定期的に振り返る

 

自分を知る

やる気を継続するには、自分が何に動機づけられ、何にやる気を失うのかを知っておかなくてはいけません。

一般的なのは、目に見えた成果が出ると動機づけられ、成果がわからない・周りから評価されないと動機を失います。

 

しかし、人によって動機づけられるものは異なります。

僕の場合は、目標を達成した後の自分を鮮明にイメージできるとやる気が湧いてきますし、イメージできないとやる気を失います。

自分を知ることで、やる気のスイッチを押し、逆に怠けてしまうスイッチを取り除くことができるのです。

 

そこで、自分に以下のように問いかけてみてください。

  1. これまでやる気がわいたのはどんなときか
  2. 継続して取り組めたことは何か
  3. 目標を達成するとどんな気分になるか

いかかですか?明確に回答出来たでしょうか?

はっきりと答えられなかった人は、自分のやる気スイッチを見つけられていません。

 

自分がどんなときにワクワクして、自制心を働かせるにはどうしたらいいか、答えを見つける努力をしてください。

まずは、自分を知ることが継続の第一歩となります。

 

ぜひ、実践してみることをお勧めします。

 

目標を明確にする

行動心理学では、目標が曖昧だと計画も曖昧になることが知られています。

もし、計画が曖昧ならやる気が継続してしまわないことは想像がつくと思います。

 

では、目標を明確にするとは具体的にどうすればいいのでしょうか。

 

目標の立て方は、主に2通りのやり方があります。

ワクワクする大きな目標を掲げることと、目先の小さな目標を設定することです。

大きな目標を考えるだけで、ワクワクする人は大きな目標を立てましょう。

そうでない人は、小さな目標をたくさん立てることで、達成率が大幅に上昇します。

 

大きな目標を立てる人は、いつ、何を、どのように、誰が、どこで、なぜ達成できているのか、動画に記録したように鮮明にイメージする必要があります。

目標を達成したときのあなたの気分や、周りの人の表情、空気の匂いまで鮮明に思い描けるようになるまで、考えてください。

 

小さな目標を立てる人は、目標を定量化して目に見える形でおいてください。

悪い例は、「中学英語を終わらせる」など、数値化できない目標ではいけません。

「中学英語の問題集を3冊、2週間後までに解く。」という数値化できる目標を設定しましょう。

上記の目標設定であれば、未達率も判断することができ、誰が見ても達成度がわかります。

具体的な目標をたくさん設定して、最終的に達成したい目標に到達できるようにするのです。

 

目標の具体化は、意外としていない人が多いです。

ダイエットや勉強をするという人は多いですが、ただ何となく始めて、途中で諦めてしまうのです。

もし、あなたが目標を明確にしていないと思うなら、今後は明確にできるようにしましょう。

 

定期的に振り返る

目標を定期的に振り返ることはとても大切です。

 

大きな目標を掲げている人も、小さな目標をたくさん掲げている人も、定期的に目標を見返す必要があります。

大きな目標を掲げている人なら、毎朝、毎晩、目標を達成した姿を思い描くようにしましょう。

 

僕は、目標を紙に書いて、達成したときの感情を思い浮かべながら毎日読み上げるようにしています。

感情を込めて読み上げると、それだけでエネルギーが湧いてきます。

イメージは、記憶に残りづらく、何度も思い浮かべる必要があります。

できれば、毎日振り返ることをお勧めします。

 

小さな目標を掲げている人なら、目標の達成率を視覚化しましょう。

グラフにするのもいいですし、チェックリストを作るのでもいいです。

そして、それを自然と目につく所に掲げておきましょう。

例えば、トイレのドアに貼り付けたり、PCのデスクトップにグラフを貼ったりします。

 

僕はPCを立ち上げたら、目標の達成度のスプレッドシートが立ち上がるように設定しています。

10秒ほど手を止めて、毎日目標の進捗を把握しています。

もし、達成率が悪いようなら、少し時間を作って挽回できるように努力しています。

数値化した目標なら、達成率がひと目でわかるため、非常に便利ですよ。

 

ぜひ、試してみることをお勧めします。

 

まとめ

今回は、やる気を継続するための3つの方法をご紹介しました。

はっきり言って、どれも大切でぜひ身につけて欲しいスキルだと思います。

もし、健全な目標ならあなたの成長を促し、より良い将来を実現できるようになるでしょう。

 

いずれにしても努力は必要です。

 

もし、最初の努力をするためのモチベーションが湧いてこないという方は、以下のメルマガに登録してみてください。

頑張ろうと思える情報を定期的に配信しております。

[mc4wp_form id="115"]

苫米地英人集大成メソッド『オールライフコーチングプログラム
登録するだけで24時間ごとに無料Bitcoin配布-クリック