ゆうつく -勇気がつくブログ

勇気が湧いてくるコンテンツ情報

習慣を変える簡単な仕組みとは?

習慣化するための簡単な方法

あなたはこんな経験をしたことはないでしょうか?

・職場で色々と決めることが多く、大変な1日を過ごしたあと来たくした。あなたのパートナーは、休暇の計画を固めたいと思っている。しかし、あなたはこう言う。「君の決めたとおりでいいよ」

・いつもより遅く起床して、朝の運動に十分な時間が取れない。あなたは、仕事を終えたあと運動しようと思うが、職場を出ると「今日はさぼってもいいや。明日の朝に運動しよう」と思う。

何かをやろうと決意しても、1日の終わりにはどうして消えてしまうのでしょう。

心がすり減っているときに、自己規律を保つことは心理学の観点からも難しいのです。

だからこそ、習慣を変えるたった1つの仕組みを利用しないのはもったいないと言えるでしょう。

その仕組とは、

目的を1時間おきにチェックし、採点をする

ということです。

理想の状態、行動などを紙に書いて、1~10点満点で毎時間評価するのです。

この非常に簡単な仕組みには、以下の5つのメリットがあります。

1.事前の認識

成功する人は、良いと思う行動が危険にさらされる環境を予測しています。プレゼンの前に1人静かにイメージトレーニングをするような感覚に近いかもしれません。

事前に認識することで、どのような状況でも目的を見失うことはありません。

2.コミットメント

成功する人はどんな行動をとるかを曖昧にすることはありません。

一時間おきに「自分の行動は目的に沿っているか」と自分に質問をし、コミットメントをはっきりさせておくようにします。

うまくいくように祈っているのではなく、目標を紙に書き出して常に意識するようにしています。

3.意識する

私たちの環境の影響を無視しているときは、私たちは流されるまま行動します。

1時間おきに自分に質問を投げかけ、知らないうちに目的に沿った行動ができるようになります。自分の潜在意識に刷り込むことが習慣化の第一歩になります。

4.採点する

学校のテストでも営業成績でも点数をつければ意識が高まります。仕事を1人でするのと、上司が見ているところで仕事するとでは緊張感が違います。

誰かに評価されるとなるともっと意識が強くなります。しかし、いつも誰かに採点してもらうことは難しいかもしれません。

この一時間おきのチェックは、採点するのは自分自身なのでいつでもどこでも実行できます。

5.反復

一時間おきの質問の一番いいところは、何度もやり直しがきく点です。ある時間に低い点がついたら、一時間後には改善するチャンスがあります。一度失敗しても気に病む必要はなく、次回に良い点がつくようにすれば良いのです。

仕組みがなければ、私たちは改善しません。成功している人ほど、仕組みと共に生きています。

この1時間おきのチェックは強力に私たちの行動へ影響を与えます。

わずか1分ほどの時間を割くだけで、これまで流されて行動していた自分から、自分の目的に沿った行動ができるようになるのです。

個人的には、最も費用対効果の高い手法だと考えています。

だって、タダでほとんど時間も使わずに理想の自分へと変われるのですから!

まとめ

仕組みの力は非常に協力です。その中でも他の人にお金を払って、強制的に良い行動を取るよう注意してもらう方法もあります。

お金を払った分、何とか改善したいという思いと、他人に約束を守れない人間だと思われたくないという感情が強烈に働くのです。

もちろん、すでに仕組みの力を十分に発揮している人もいると思います。

ただ、仕事にだけでなくプライベート、自分の人生そのものを良くするための仕組みづくりにもぜひ実践してみて欲しいと願っています。

少しずつあなたの人生が幸せに近づいていくことかと思います。

私たちは気軽に相談できるサービスサイトの運営も行っておりますので、参考にURLを載せておきます。

相談サイト:https://forestbook.co.jp

広告を非表示にする