ゆうつく -勇気がつくブログ

勇気が湧いてくるコンテンツ情報


【ソーシャルスタイル理論】多様性への理解を深めよう!

f:id:forest-book1213:20170923171938p:plain

 

こんにちは。ForestBookです。

 

仕事をしていると、自分とは違う価値観を持っている人と関わっていかなくてはいけません。

 

でも、どうしても受け入れられないと感じることもあるのではないでしょうか。

 

もし、あなたがリーダーで組織の成果を最大化させようと考えているなら、自分と考え方の違う人も受け入れなければいけないでしょう。

 

多様性を受け入れて、どうすればより良い成果が出せるか考えなくてはいけません。

 

そういった違いを知るのに便利な理論が「ソーシャルスタイル理論」です。

 

今回は、このソーシャルスタイル理論についてご紹介していきたいと思います

 

自分のチームのメンバーはどのタイプに近いか、リーダーとしての自分はどうかなど、相手と自分との違いを考えてみてください。

 

 

 

タイプ1:黙って俺についてこい「ドライビング」

生まれついてのリーダー気質。戦略、勝負が大好きで、指示されるのが大嫌い。自分の道は自分で決める。別に褒めてくれなくてもいいよ。

 

ドライビングタイプは、指示命令など一方的なコミュニケーションをとりがちです。

 

話をじっくり聞くのは苦手で、ついつい相手の話を遮ってしまいます。

 

相手と意見を戦わせることを恐れず、はっきり言うことが多いので、衝突も多めではありますが、上昇志向を発揮して出世いしていく人も多くいます。

 

  • 強み:判断、決断が早い、打たれ強い、自己主張できる、ドライ
  • 弱み:読めること、相手に合わせることが苦手、怖いと言われる

 

・ドライビングなメンバーへのアプローチ

「自分にしかできない」仕事に燃えるドライビング。

 

仕事の意義と目的をきちんと伝えた上で、全てを任せるとやる気を発揮します。

 

自由に仕事させることで、高いパフォーマンスを発揮しますが、責任の所在、上下関係については、最初にしっかりと伝え、納得させてから任せましょう。

 

・ドライビングリーダーのための注意点

ドライビングのリーダーが注意すべきは、「コンサルスイッチオンの罠」

 

ついつい「どうしてこんなこともできないんだ?」と相手のレベルに不満を感じ、一方的な指示になりがち。

 

「部下から相談されないのは、問題がないからだと思っていました。まさか自分が敬遠されていたとは・・・」ある日、突然思ってもいなかった問題が噴出する可能性があります。

 

リーダーとして高見を目指すなら「メンバーからのフィードバック」を得る機会を作ることもお勧めです。

 

 

タイプ2:楽しく行こうよ!「エクスプレッシブ」

仕事も勉強も楽しくなくちゃ!サプライズが大好きで、なんとかなるさと楽観的。細かいことなんて気にしても無駄。やってみてから考えよう!

会議や勉強会、飲み会も基本盛り上げ役。

 

自分の意見を感じたままに口に出す傾向が強く、「根拠は?」と聞かれると「直感です!」と自信満々に答えたりします。

 

  • 強み:楽しい、アイディア出し、行動力、周りを巻き込む、社交的、ノリと勢い
  • 弱み:忘れっぽい、飽きっぽい、ルーティンが苦手、地道な努力

 

・エクスプレッシブなメンバーへのアプローチ

周りと一緒に盛り上がりたいエクスプレッシブへの対応は、会話を楽しむこと。

 

「それで、それで?」「うんうん!」「へぇ~!」など、大げさな反応を喜び、どんどん会話が弾みます。

 

細かなやり方を指示されるより、「自由さ」を感じさせる指示の出し方が効果的です。

 

・エクスプレッシブなリーダーのための注意点

最初は聞いていたはずなのに、つい自分の話しを始めがちです。

 

本人は、「話が盛り上がって良かった」と満足していても、相手は「ちっともこちらの話を聞いてくれない・・・」と不満をつのらせているかもしれません。

 

相手が答えを考えて沈黙してしまうと、自分が話し始めて相手の考えを奪ってしまいがちです。

 

また、思いつきで話すことも多いので、相手の話も自分がいったことも、覚えておくのが苦手です。

 

自分なりの「リマインドの仕組み」を工夫しておきましょう。

 

 

タイプ3:みんなのために「エミアブル」

リーダーなんてガラじゃない。困ってる人はいないかな、期待されてることは何だろう。ありがとう、みんなのためならがんばれる。

エミアブルタイプは、周りからのお願いを断れず、ついつい「はい」と引き受けてしまう優柔不断な「いい人」です。

 

困っている人が周りにいると、つい手を差し伸べてあげる面倒見の良い人でもあります。

 

  • 強み:親切、優しい、気配り、サポート、思いやり、癒やし
  • 弱み:決断できない、プレッシャーに弱い、人前で話すこと

 

・エミアブルなメンバーへのアプローチ

周囲からどう見られているかを常に気にするエミアブルには、ねぎらいの言葉が効果抜群です。

 

仕事を任せたら、「困ったら言って」ではなく、順調かどうか「どんな感じ?」とこちらから声をかけましょう。

 

また、プレッシャーのかかる状態で意見を求められると、本音ではなく、聞き手が期待している意見を口にする傾向があります。

 

原則、柔らかい態度を心がけましょう。

 

・エミアブルなリーダーのための注意点

聴くのが得意な聞き上手。相手の話への共感力も高く、話しやすい雰囲気をもっています。

 

しかしながら、ビジネスコーチングで重要なのは共感だけではありません。

 

相手のことを思いやるだけでなく、「成果目線」をしっかり持って、ときには厳しいフィードバックをすることも必要です。

 

ビジネスでは、仲良しチームでは困ります。KPIをきちんと設定し、そこに向けての対話を進める仕組みを構築しておきましょう。

 

お勧めなのは、「GROWモデルのワークシート」など、記入しながら進められるツールを用意しておくこと。

 

相手のペースに合わせるのは得意でも、自分がリードしていくことは苦手、という方も多いので、その部分はツールに補完してもらいましょう。

 

 

タイプ4:正確第一 アナリティカル

まずは計画、事前準備。自分の専門を大切に、ミスは少なく確実に。いつも通りにきちんとやろう。コツコツと継続してこそ価値がある。

周りからみるといつもマイペース、空気を読まずに淡々と仕事をこなすアナリティカルタイプは職人気質。

 

決められた仕事をきっちりと一つひとつ終えていくことを好みます。

 

人に振り回されることを嫌いますから、一人で出来る仕事を選びがち。

 

人によっては何日も、誰とも喋らず黙々と作業するのも苦になりません。

 

行動は慎重で、立てた計画は実行する前にとことん検討するタイプです。

 

自分の意見を伝えるときも、じっくり感がえ返答する傾向が高いので、「打てば響く」対応は苦手です。

 

ただ、相手の意見を分析して、鋭く現実的な発言をすることもあります。

 

  • 強み:正確、コツコツ、継続、分析、調査、マイペース、計画、実現主義
  • 弱み:取り掛かりが遅め、話が長い、雑談やアイディア出しは苦手

 

・アナリティカルなメンバーへのアプローチ

「正確さ」にこだわるアナリティカルには、具体的な指示を出すことを心がけましょう。

 

ギリギリで適当に片付けるような仕事は基本的に苦手なので、急なオーダーや変更を嫌います。

 

また、面談や会議で発言を引き出したければ、事前に議題や質問を伝えましょう。

 

その際の質問はできるだけ具体的に。

 

何を聞かれているのか、どんな意見を持て止められているのか、そのしてその理由は?と言った点が理解できてないと意見を言いたがたがりません。

 

・アナリティカルなリーダーのための注意点

元々人と関わることをあまり好まないアナリティカルは、そもそもメンバーとのコミュニケーション不足に陥りがち。

 

ミーティングでもランチタイムでも、朝の挨拶でも構いませんから、「対話の時間確保」が課題と心得ておきましょう。

 

計画すれば実行するのは得意な方も多いので、メンバーそれぞれから週に一度は話を聴くと決めて、星取り表のような自己管理ツールを活用するのもいいかもしれません。

 

また、予想外の出来事が怒ることを好みませんから、リスク対応重視のあまり、ついつい管理型のリーダーシップに走りがち。

 

部下に細かな指導を指摘しすぎて、煙たがられる存在になる可能性もあります。

 

メンバーの自主性や創造性は、様々な挑戦から生まれるものであもありますから、ときには口出しせず、「相手に仕事を任せること」も重要です。

 

任せる前には、相手がどのように進めようと思っているかを事前にコーチング。

 

計画書を共に作る気持ちで、メンバーの意見をしっかりと引き出しましょう。

 

 

まとめ

今回は、多様性を4種類に分類するソーシャルスタイル理論についてご紹介しました。

なかには、自分には一致しない、もしくは全て一致するといったバランス型もいるかもしれません。

 

ただし、どの傾向が良い、ということではありませんので、相手はこうだと決めつけて、枠に当てはめないように気をつけてください。

 

うまくいかない相手に対し、違うタイプの特長をマネて対応のヒントにすることもできますし、自分の特長を知ることで、リーダーとして注意すべき点が見えてくるかもしれません。

 

ソーシャルスタイル理論は、相手を知り、自分を知るための分析ツールです。

 

個別対応力を上げるためにも、ぜひ活用してみてくださいね。

コーチング成功の秘訣!「GROWモデル」って?

 

f:id:forest-book1213:20170914102857j:plain

 こんにちは。ForestBookです。

 

今回は、リーダーとしての価値を発揮するためのコーチング成功のノウハウをお伝えしたいと思います。

 

コーチングのお勧め記事

forest-book1213.hatenablog.com

forest-book1213.hatenablog.com 

相手を勇気づけ可能性を引き出すには、ある法則を使えばできうようになるのです。

 

月収で何百万円と稼ぐプロのコーチは、みんなこの法則を使っています。

 

その法則とは・・・、「GROWモデル」と呼ばれています。

 

管理職などのマネジメント層には、ぜひ身につけてもらいたいスキルですね。

 

◯参考図書 

リーダーのための! コーチングスキル

リーダーのための! コーチングスキル

 

   

  

 

GROWモデルとは 

リーダーのためのビジネスコーチングに必要なのは、成果を生み出すための戦略的なコミュニケーションです。

 

そこで、成果の出るコーチが必ず使っている秘密のフレームワークがあります。

それは、「GROWモデル」というフレームワークです。

 

  • G・・・Goal(理想の未来)
  • R・・・Reality(現状)
  • O・・・Options(行動の選択肢)
  • W・・・Will(意志)

 

とそれぞの言葉の頭文字を取ったものです。

 

本来あるべき状態に対し、現状はどうなっているのか、一体何が問題なのかを明確にし、それに向けてどういう目標設定をして、解決していくのか、という流れでコミュニケーションを展開させます。

G・・・Goal 理想の未来

まずは、相手の理想の人生や目標を明確にするところから始めます。

 

たとえば、「英語力向上」であれば「具体的にどうなりたいのか?」「TOEIC900点以上」「今年中に英語プレゼン3回」など、明確に数値化することがポイントです。

 

明確なゴールを設定したら、「なぜそうなりたいのか?」「それを達成するとどんないいことがあるのか?」を確認します。

 

「将来海外に赴任したいから」「同僚に英語で頼りっぱなしの自分を変えたい」「語学も堪能な、頼もしいリーダーになりたい」など、ゴールイメージをより具体化しておくことで、モチベーションを上げることができるのです。

 

R・・・Reality 現状

目標を設定したら、次はなるべく具体的に現状を聞き出していきます。

 

「今はTOEIC何点?」「どんな勉強をどれくらいしてる?」など、1つひとつ洗い出し、目標や理想とのギャップを明確にしていきます。

 

O・・・Options 行動の選択肢

現状を把握したら、次に目標とのギャップを埋めていくための具体的な方法について考えていきます。

 

「やろうと思っていることは?」「既にやっていることは?」「達成に向けてのアイディアは?」など、本人からできるだけたくさん引き出すようにします。

 

現実的かどうか、実行可能かどうかなど、こちらの判断を挟まず、とにかく自由にアイディアを出してもらうのがポイントです。

 

W・・・Will 意志

こうして目標達成のための方法を引き出したら、どれを実行に移すかを本人に決めてもらいましょう。

 

「まずやってみたいのは、どれ?」「これならやれるな、と思えるのは?」と投げかけて答えを待ちます。

 

このとき、こちらが良いと思う方法を押し付けないこと。

 

あくまで行動する本人に選ばせることが実行への覚悟や自主性を育てていくことにつながります。

 

振り返り

何をするかを決め、「いつ」「どこで」「どんなふうに」と具体的な行動に落とし込んで共有できたら、セッション終了です。

 

できれば、最後に「振り返り」の時間を作るといいでしょう。

 

1~2分でいいので「やってみてどうだったか」、「目標達成できそうか」「実際に行動できそうか」もしくは、「こうするともっと話しやすい」といったフィードバックをもらってもいいと思います。

 

また、「一度やったらおしまい」ではなく、定期的に実行しているかどうかチェックすることも大事なポイントです。

 

実行できていなければ、そこでもコーチングを実施します。

 

「どうすればうまくいくか」「障害は何か」を本人に考えさせ、行動を修正していきましょう。

 

コーチングは定期的に実施することで効果を発揮します。

 

セッション内容を専用のワークシートに書いて記録しておくと、長期の目標達成や問題解決などに大いに役立ちます。

 

 

GROWモデルワークシート

※注脚:*1 

 

面談では、このワークシート見ながら対話を進めるのがお勧めです。

 

GROWモデルの4つのフェーズ、「ゴール」「現状」「行動選択」「実行意志」のうち、今どれについて話しているのか、お互いにわかった上でやりとりするほうがあ、スムーズに対話をするめることができます。

 

ワークシートを事前にわたして、まとめておいてもらうのもいいでしょう。

 

面談中に新たに出てきた事実や考え、アイディアはその場で書き加えて共有しておけば、次のコーチングでの進捗確認にも使えます。

 

まとめ

コーチングの成功の秘訣とも言えるGROWモデル。

 

これは、コーチング以外の場面でも目標設定をしようとしたときに強力なツールとなります。

 

特にマネジメント層には、身につけてほしいスキルと言えます。

 

何度も反復練習をして、自然とできるように体に叩き込んでください。

 

【コーチング】目標設定を重視するビジネスコーチング

f:id:forest-book1213:20170913113729j:plain

 

こんにちは。ForestBookです。

 

自分の可能性を最大限発揮して、仕事ができているでしょうか。

 

毎日やりがいを持てず仕事をしている人はたくさんいます。

 

自分の可能性を最大限発揮すること、毎日やりがいを持って仕事ができるようになるコミュニケーションスキルがビジネスコーチングのスキルです。

 

今回は、ビジネスコーチングについてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

目標設定の大切さとは

ビジネスコーチングの前提となるのは、人間力と相手との関係になります。

 

コーチングでリーダーになる 

forest-book1213.hatenablog.com

 

相手に話しをさせるコーチングを使って、仲良しになることはできても目標達成に効果がなければ意味がありません。

 

組織としての成果をあげたいなら、チームとしての目標と個人としての目標の両方を明確にする必要があります。

 

目標の設定は、具体的にイメージできる明確な目標にしなくてはなりません。

 

「売上◯◯円を達成する」とか、「業務改善案を10個実施する」など客観的に判断できることが必要です。

 

こういった定量化できる目標は誰がみても明確ですし、達成したかしていないかも一目瞭然です。

 

しかし、「自分たちの仕事は定量化できることがない」と疑問を持つ方も多くいらっしゃいます。

 

そんなときこそ、ビジネスコーチングの出番なのです。

 

例えば、消防署の職員は火事や災害対応をすることが仕事になります。

 

突発的事故に常に準備しておくことはしていますが、普段は何を目標に設定したらいいでしょうか。

 

しかし、10年前と今とで災害対応で変わってきた点は何かと質問をすると、高層階への対応や警察との連携など、色々と回答が出てくるのです。

 

こういった新しい取り組みを考えたり実施したりすることが目標の設定になります。

 

メンバーが自力で答えを導き出せないときにこそ、リーダーである、あなたが最適な解決策を出せるようコーチングを実施するのです。

 

 

 

KPIとは 

目標設定ができたら、具体的な達成手順を明確にしていきましょう。

 

最終目標に到達するまでの段階的な指標をマイルストーンまたは「KPI(Kye Performance Indicator)」と呼んだりします。

 

ここでは、ビジネスの場面でよく使われるKPIという言葉に統一してお話しをします。

 

KPIは、営業売上に対する顧客訪問数やDM送付数など、到達すべき目標に対して定量的な指標を設定するものです。

 

KPIをクリアしていくことで目標も達成できる、そんなKPIを設定する必要があります。

 

KPIをきちんと機能させるには、次のポイントを押さえなくてはいけません。

 

  1.  具体的である
  2. 測定可能である
  3. 達成可能である
  4. 「成果」に基づいている
  5. 期限付きである

 

 

これら5つのキーワードを使って、本人に考えさせるように働きかけなければいけません。

 

大切なことは、本人が自分で考え、決めることです。

 

誰かに設定された目標より、自発的に設定した目標でなければ、本気で達成しようと思いません。

 

前述の5つのキーワードを満たしている目標を自分で設定できるようビジネスコーチングで導いてあげなくてはいけないのです。

 

まとめ

今回は、目標設定を重視するビジネスコーチングについてご紹介しました。

 

とくに、KPIとは目標設定するうえで非常に重要な考え方になります。

 

「やってるんだけど、成果がでない」「知っているけど、できていない」そう感じている人にこそ、ビジネスコーチングできっちりとした目標設定をする必要があるのです。

 

もちろん、メンバーにだけ効果があるのでなく、自分自身にも大きな効果を発揮します。

 

セルフコーチングというのですが、自分の考えと向き合ってみて、正しい目標設定ができるようにしてみましょう。

 

あなたの努力している姿を見て、メンバーも努力しようと勇気づけられるのです。

 

ぜひ、一度目標設定について考え直してみてほしいと思います。

 

【コーチング】あなたはどのレベル?スキルアップの4段階

f:id:forest-book1213:20170912105735p:plain

 

こんにちは。ForestBookです。

 

現在、日本にはリーダーが不足していると言われています。

 

管理職のほとんどの人が、言われたことをただやってきただけの人が多く、メンバーを引っ張っていくやり方を知らない人が多いのです。

 

しかし、組織としての成果を上げたげればメンバーを成長させる必要があります。

 

そこで、効果的なスキルがコーチングスキルになります。

 

マネジメント層には、ある程度コーチング能力のある人もいますが、十分とはいえないでしょう。

 

私たちは、知らず知らずのうちに「知ってるつもり」「できているつもり」になりがちです。

 

コーチングを学んで、レベルを上げておきたいのであれば、今自分がどのくらいのレベルなのかを知っておくにこしたことはないでしょう。

 

◯参考図書

リーダーのための! コーチングスキル

リーダーのための! コーチングスキル

 

 

 

 

 

 

1段階目 「知らないし、できない」

 

コーチング?必要ないね」

 

1段階目はそもそもスキルをしらない、もしくは必要ないと思っている状態です。

 

最低限知らないことには取り組めませんし、自分はできていると思っていればそれ以上の成長は望めません

 

まずは、自分に必要なスキルだと自覚すること、そして、成長の余地があることを理解することが大切なのです。

 

あなたがリーダーである、もしくはこれからリーダーになろうとしているなら、コーチングスキルは必須スキルとなります。

 

マネジメントに困ったら身に付けようでは遅いのです。

 

困っている状態は、すでも問題が明確化していてメンバーに不満が溜まっている状態なのです。

 

そんな状態で希望する成果など、出せるはずがありません。

 

食わず嫌いで学ぶ努力を放棄せず、すぐにでもスキルを学ぶべきでしょう。

 

 2段階目 「知っているけど、できない」

コーチング知ってるよ。でも、なんだかうまくいかないんだよね・・・。」

 

自分の課題に気がついたら、次はできるようにならないといけません。

 

やるべきことはわかっているのに、どうしてうまくできないんだと思われている方は意外と多いのです。

 

この状態のときは、理想と現実とが離れてしまっていてなかなか辛い時期です。

 

この時期の人は、コーチングを諦めてしまう人が出てきます。

 

この時期をうまく乗り切るのにお勧めなのは、一緒に乗り切る「学習仲間」を作ることです。

 

誰にでも「うまくできない」期間は必ずあるものです。

 

そんなときに、自分だけ辛い状況じゃないんだと、一緒に成長できる仲間がいると心強いのです。

3段階目 「意識すると、できる」

「意識したらできるんだけど、ついつい忘れちゃうんだ」

 

せっかく身につけたスキルも使わなければ宝の持ち腐れです。

 

「面談では聞けるんだけど、普段はあまりやれてないなぁ・・・。」

 

コーチングの前提は、信頼関係にあると言いました。

 

普段から実践していない人の話しをどうして面談のときだけ話を聞こうという気持ちになるでしょうか。

 

ここで大切なのは、「やるべきこと」を思い出す仕組みを持つことです。

 

手帳に書いて実践するもいいですし、コーチングに関するメルマガを毎日購読することでもいいでしょう。

 

継続のための自分なりの仕組みをしっかりと整えることを忘れないで下さい。

 

 

4段階目 「意識しなくても、できる」

「なんだか最近いい感じだな」

 

やるべきことを意識して毎日実践し続けていると、今度はそれが当たり前になります。

 

スキルがきちんと使える「自分のもの」になった状態です。

 

「なんだかみんな変わってきたな」

 

沿う感じるなら、それは自分が変わってきた証拠なのです。

 

人は鏡です。

 

リーダーの変化はまるで鏡のようにメンバーの変化として現れるのです。

 

人は「変われ」と言われて変われるほど、単純な生きものではありません。

 

リーダーが自分の欠点と向き合い、成長している姿を見せるからこそ、メンバーも変わろうと成長意欲をかき立てられるのです。

 

 

まとめ

今回は、リーダーに必要とされるコーチングスキルのレベルについてご紹介しました。

 

「知っている」ことと「できる」ことは違います。

 

今の自分に課題があることをしっかりと受け止めたうえで、成長のために努力を始めなくてはいけません。

 

あなたが成長している姿を見せることが、何よりも大きな勇気付けになるのです。

 

本当に成果を出したいと望んでいるのであれば、コーチングスキルを身につけて努力することを怠らないようにしましょう。

 

 

コーチング無料体験セッションをします ありのままの自分で成功するために

 

【成功法則】リーダーとしての人間力を磨く!

お題「成功法則」

 

 

f:id:forest-book1213:20170911103046j:plain

 

こんにちは。ForestBookです。

 

成功法則シリーズをご紹介しております。

 

◯おすすめの成功法則

forest-book1213.hatenablog.com

forest-book1213.hatenablog.com

 

成功者になるには、リーダーとしての資質を身につけなければいません。

 

しかし、日本にはリーダーが不足していて、参考にしていいかわからないかもしれません。

 

そこで今回は、リーダーとしての人間力についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

信頼が前提になる

あなたが周りを動かすためには、前提として信頼される人間であることが大切になります。

 

もし、メンバーがあなたに遠慮して「こんなこと言ったら、気分を悪くしてしまうからやめておこう」とか「普段は命令ばかりなのに、こんなときだけ意見を言えといわれても・・・。」と思っていたら、自発的に行動しようと思わなくなるでしょう。

 

最悪、あなたと一緒にいる時間を「無駄な時間」と思われる可能性すらあります。

 

そのため、結果を出したければメンバーに信頼されていることが大前提となります。

 

あなたも、特に親しくなくてもなんとなく「この人が言うなら」と思う人もいれば、「お前が言うな」とついつい思ってしまうことがあるのではないでしょうか。

 

普段の信頼は仕事に大きな影響を及ぼします。

 

そのため、今の自分がどのように見られているのかしっかりと分析しておくことが重要なのです。

 

 

 

改善すべき悪癖リスト

ここで、リーダーが改善すべき「20の悪癖リスト」をご紹介します。

 

次のリストを参考に自分に当てはまるものがないかチェックしてください。

 

20悪癖リスト

  1. 極度の負けず嫌い
  2. 何かひとこと価値を付け加えようとする
  3. 善し悪しの判断をくだす
  4. 人を傷つける破壊的コメントをする
  5. 「いや」「しかし」「でも」が口癖になっている
  6. 自分がいかに賢いかを話す
  7. 腹を立てているときに話す
  8. 否定、もしくは「うまくいくわけない、なぜなら」と言う。
  9. 情報を教えない
  10. きちんと他人を認めない
  11. 他人の手柄を横取りする
  12. 言い訳をする
  13. 過去にしがみつく
  14. えこひいきする
  15. すまなかったという気持ちを表さない
  16. 人の話を聞かない
  17. 感謝の気持ちを表さない
  18. 八つ当たりする
  19. 責任回避する
  20. 「私はこうなんだ」と言い過ぎる

 

 

人は誰でも悪癖を持っています。

 

上記に当てはまる項目があっても落ち込むことはありません。

 

この中の1つか2つ、特に傾向が強いものを失くすだけでも、リーダーの能力は大きく向上します。

 

もしかしたら、「あー、これあの人のことだ」と誰かの顔が浮かんできたりしたかもしれません。

 

しかし、まず変わらなければならないのは、あなたです!

 

リーダーが変われば、自然とメンバーの反応も変わり、それが組織全体に良い変化をもたらすのです。

 

だからこそ、リーダーとしての自分の課題をしるために必要なのは、「メンバーがどう感じているか」を意識すること。

 

このリストを活用して、信頼する周りの誰かに、自分に当てはまる項目がないか聞いてみることもお勧めします。

 

 

周りの評価を受け止める

 

リーダーは、前述の項目を利用したり、自分がどのように追われているか直接聞いたりして、自分の欠点を改善していかなくてはいけません。

 

人は、完璧な人間より、成長しようと努力している人間に魅力を感じます。

 

少年漫画でも、最初から完璧な主人公だったらつまらないですよね。

 

ダメなところもありながら、少しづつ成長していく姿に魅力を感じるものです。

 

リーダーについても同じです。

 

完璧な人より、自分を磨こうと努力している人についていきたいと思うのです。

 

苦しいかもしれませんが、自分の至らない点をさらけだして相手に欠点を聞いてみてください。

 

素直に接すれば、相手も素直な意見を言ってくれます。

 

そして、その意見を批判せず受け止めることが大切なのです。

 

厳しい意見を言われたら否定したくなる気持ちもわかりますが、一度でも否定してしまったら相手は二度と本音を言わなくなるのではないでしょうか。

 

自分の成長を止めてはいけません。

 

相手の意見をしっかりと受け止めて、それを改善できるよう努力しましょう。

 

 

まとめ

今回は、リーダーの人間力についてご紹介しました。

 

リーダーは常に成長し続けなければいけません。

 

その姿を見て、メンバーも自分を成長させようと努力するのです。

 

そして、大前提として信頼されていることが必要になります。

 

人間力を磨かなければ、あなたは信頼をどんどん失っていきます。

 

自分の行動、どう見られているか、一度時間をかけてふりかってみて欲しいと思います。

 

あなたが、素晴らしいリーダーになれることを願っています。

 

コーチングでリーダーになる!

お題「私の師匠」

f:id:forest-book1213:20170910091104j:plain

 

こんにちは。ForestBookです。

 

僕は、仕事がらコーチカウンセラーの育成を行っています。

 

もちろん、僕自身もコーチングやカウンセリングを行うことができます。

 

生徒がより良いサービスを提供できるようになるため、リーダーとしての役割をになっています。

 

最近、30代、40代の方でリーダーシップがほとんどない方が多いと感じているのは僕だけでしょうか。

 

そんなことでは、若手社員は成長できません。

 

そこで、今回は管理職向けにコーチングでリーダーになることについてご紹介していきたいと思います。

 

 

そもそもコーチングとは

 

コーチングとは何でしょうか。

 

「管理職向けマネジメントスキル」のことでしょうか。

 

景気が停滞している中、メンバー1人ひとりの力を最大限に発揮させるリーダーの存在がより重要になっています。

 

コーチングとは、人の可能性を最大限発揮させるための最高のツールなのです。

 

本当に成功したいならリーダーシップを発揮できるようにならないといけません。

 

そして、最高のリーダーは最高のコーチでもあるのです。

 

コーチングを使えば、相手の可能性を最大限引き出すことができるのです。

 

答えを教えたり、指示を出したりするコンサルスキルとは全く違うのです。

 

仕事ができる人ほど、人にアドバイスをするコンサルタントになってしまいがちです。

 

答えを教えれば、目の前の問題は解決するかもしれません。

 

しかし、相手の成長がなく指示待ち人間を作ってしまうことになります。

 

「魚を与えれば1日食える。釣り方を教えれば一生食える」という老子の言葉があります。

 

そして、一生食える人間を育成するには、リーダーがコーチングスキルを身につけなければいけません。

 

また、部下にだけ使えるスキルではなく、上司やお客様、友人に対しても最高のコミュニケーションを引き出すことができるのがコーチングなのです。

 

 

 

可能性を引き出すスキル

 

コーチングを使えば、相手の可能性を引き出すことができると言いました。

 

今の相手の能力で判断するのではなくて、これからの成長にフォーカスしてコミュニケーションを行っていくスキルなのです。

 

現状の課題を分析して、解決策を提示するのはコンサルのスキルです。

 

相手に本当はどうなりたいのか、そのためには何ができるのかを自分で考えさせることが大切なのです。

 

そのためには、リーダーが「こいつは可能性がある」と心から信じて向き合わなくてはいけません。

 

そして、あなた自身も信頼される人間でないといけません。

 

自分で自分の可能性を信じられない人が、どうして他人の可能性を信じられるのでしょうか。

 

人は期待に答えようと頑張るものです。

 

ただ、相手の可能性を信じて真剣に向き合うことが、相手の可能性を最大限引き出すことにつながるのです。

 

そんな人だからこそ、付いて行きたいと思われるリーダーになるのです。

 

 

「聴く」「質問する」「伝える」スキル

コーチングって良さそうだけど、結局なにをすればいいの?」

 

こんな疑問をもつのではないでしょうか。

 

基本は、「聴く」「質問する」「伝える」の3つにわけることができます。

 

”聞く”ではなく”聴く”です。

 

言葉だけでなく、相手の仕草や感情も含めて”聴く”のです。

 

そうすると、相手は心の底から思っていることを話してくれます。

 

ありのままの自分で接してくれるからこそ、そこから成長させることができるのです。

 

リーダーにとって最も大切なスキルは、「聴く」ことだと思います。

 

相手を理解することなしに、人の上に立つことはできません。

 

そして、何が課題なのか、どうしたら成長できるのか、適切な質問をすることが大切になります。

 

相手が気付いていないような視点から質問をしてあげることで、自分の頭で解決策を考え始めます。

 

これを繰り返すと、自然と考える習慣が身につき、自発的に行動できる人間になるのです。

 

最後に「伝える」ことが必要になります。

 

いくら相手の可能性を信じていても、言葉にしないと相手に伝わりません。

 

こちらが期待している可能性や、相手が気付いていない課題などをしっかりと伝えてあげてください。

 

そうすると、伝えられた内容を実現しようと相手は努力を始めます。

 

正しい方向に成長させてあげることもリーダーの役割です。

 

この3つのスキルを使ってコミュニケーションをとることがコーチングの本質なのです。

 

 

まとめ

今回は、コーチングでリーダーになることについてご紹介しました。

 

今の管理職は、自分のことばかりでリーダーとしての資質にかけている人があまりのも多いです。

 

少なくとも、僕の周りにリーダーはいません。

 

これまで、上司から言われたことを淡々とやってきて管理職になったのだから、マネジメントスキルなんかないのかもしれません。

 

しかし、それではいけないのです!

 

本当に成果を出したい、仕事・人生で成功したいと思うのなら、あなたがリーダーになって周りを引っ張っていかなくてはいけないのです。

 

そのために必要なのが、コーチングスキルです。

 

ぜひ、このスキルを身につけて素晴らしいリーダーになって欲しいと思います。

 

リーダーのための! コーチングスキル

リーダーのための! コーチングスキル

 

 

コーチング無料体験セッションをします ありのままの自分で成功するために

 

◯おすすめの記事

forest-book1213.hatenablog.com

forest-book1213.hatenablog.com

 

【成功法則】情熱が成功へのカギになる!

お題「成功法則」

f:id:forest-book1213:20170909172242j:plain

 

こんにちは。ForestBookです。

 

成功法則シリーズについてご紹介します。

 

◯おすすめの成功法則の記事

forest-book1213.hatenablog.com

forest-book1213.hatenablog.com

forest-book1213.hatenablog.com

 

まだ仕組みが上手くまわっていな起業したばかりの人は、情熱が成功の大きなカギになります。

 

始めたばかりは失敗ばかりでトライ&エラーを繰り返すものです。

 

ちょっとした失敗にもめげずにどんどん改善していく情熱がないと事業は成長していきません。

 

そこで今回は、成功へのカギとなる情熱についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

事業拡大の公式とは

f:id:forest-book1213:20170909172433p:plain

成長している会社、停滞・衰退している会社は何が違うのでしょうか。

 

成長している会社は、必ずといっていいほど事業に情熱的になっています。

 

一方、衰退している会社は情熱がかけ、やる気なく日々の仕事をしていることが多いのです。

 

実は、成長している会社には以下の公式が当てはまるのです。

 

情熱 ✕ 仕組み ✕ 市場 = 事業拡大

 

情熱があり、強固なビジネスモデルに支えられ、市場が活性化しているという三拍子がそろうと事業が大きく拡大していくのです。

 

しかし、市場環境とは自分ではどうすることもできませんし、ビジネスモデルは最初に作ってしまえば中々変えることができません。

 

情熱はそのときどきのものです。

 

情熱的な瞬間もあれば、そうでない瞬間もある。

 

しかし、事業が拡大できている会社の社員は、断続的にでも情熱的になれる瞬間が必ずあります。

 

もっとも取り組みやすく、最も継続しづらい要素ですが、成功にはかかせないのです。

 

もし、より大きな結果を残したいと思うのであれば、まずは今の10倍情熱的になることが必要だと考えてください。

 

 

過去の体験が情熱をもたらす

f:id:forest-book1213:20170909172545j:plain

情熱とは、過去の体験から未来を想像するときに発生するものです。

 

成功した体験があって、何度も繰り返したくなったり、逆に悔しい思いをして次こそは成功しようと奮起したり、過去の体験をトリガーに情熱が発生します。

 

しかし、人生が変わるような強烈な体験とはそうそう起きるものではありません。

 

日々を情熱的に過ごそうと思えば、小さなチャレンジの積み重ねを行っていくことが大切なのです。

 

僕は学生時代、朝から晩まで部活動のことを考えて過ごしていた時期がありました。

 

それは、大会での試合でギリギリの勝負で何とか勝利することができたという体験があり、もっと強くなりたいと心の底から思っていました。

 

こういった体験は、大会があるたびに経験していて、何度も嬉しさと悔しさを繰り返していると部活動に対しては日常的に情熱を感じるようになっていました。

 

1つのことに集中して取り組むことの大切さはここにあります。

 

嬉しさや悔しさを何度も体験することで、毎日を情熱的に過ごせるようになるのです。

 

 

 

情熱的になるには

f:id:forest-book1213:20170909172616j:plain

情熱的になる最も簡単な方法は、情熱的なフリをすることです。

 

人は笑うフリをすると心も楽しくなります。

 

行動と感情とは密接に結びついていて、人間の脳は「この行動はこういう感情だ」と勝手に解釈してしまうものなのです。

 

そのため、情熱的に振る舞っていると脳が勝手に情熱的な気分を作り出してくれるのです。

 

この方法のデメリットは、気分が長続きしない点にあります。

 

気分を継続させるには、その根拠が必要となるのです。

 

情熱を継続させるには、「情熱的な気分で新しいことにチャレンジし続けること」が必要になります。

 

そうすると、新しいことにチャレンジしたときは、いつも情熱的だったという根拠が生まれます。

 

何かに取り組もうとした瞬間、情熱的に取り組んでいた過去の記憶が蘇り、自然とやる気がわいてきます。

 

これを繰り返していると、自然と情熱的な人間になるのです。

 

想像以上に効果があるので、まずはフリをすることから試してみてください。

 

 

まとめ

今回は、情熱についてご紹介しました。

 

情熱は、成功への扉のカギとなるものです。

 

これが無いと、成功の扉をあけることができません。

 

また、無気力な人生より情熱的な人生の方が魅力的ですよね。

 

情熱力はあったほうが絶対に良いと思います。

 

もし、仕事にやりがいを持てないと感じているなら、自分を情熱的な人間になるよう努力してみてくださいね。

 

コーチング無料体験セッションをします ありのままの自分で成功するために

苫米地英人集大成メソッド『オールライフコーチングプログラム
登録するだけで24時間ごとに無料Bitcoin配布-クリック